データと実績に裏付けられた信頼 ~化学への探求、究極の親水性による防汚

  • 2022年3月12日
  • 2022年8月14日
  • 安心
  • 29view

当社とこけ楽について

こけ楽の製造販売を行っている当社は元々エレクトロニクス関係に携わっていますが、このコケ防止コーティング剤は種類は違いますが、太陽光パネルの防汚コーティングにも使われています。

すでに数万枚の太陽光パネルの防汚施工にかかわってまいりましたがその効果は約20年と見積もっています。(各種検査等による根拠のある数値です)

水槽に使用されるガラスの純度は太陽光パネルのカバーガラス程純度が高くないので、そこまで効果は持続しませんが、コケ防止には大きな効果を発揮します。

広い業種に採用

画像はトンネル水槽ですが、同じトンネルでも実は高速道路のトンネルにもこけ楽の姉妹品は使用されています。また一部鉄道にも採用され、土木用防汚材料Ⅰ種Ⅱ種Ⅲ種、鉄道車両材料燃焼試験不燃性試験にもパスし、全国の空港の航空管制塔カメラのカバーにも採用、身近なところではエレベーター内ステンレス部分の防汚処理ではナンバーワンのシェアを持っています。

厳しい環境試験等々の結果やその効果が認められてこその実績です。

数々の科学的データ

他コラムでも触れたような透過率(1.45 : ガラスの1.52より優れている)、反射率97%軽減効果、VOC試験データ、製品安全シート、経口毒性試験・重金属試験データ他、数々の化学的学術文献にも取り上げられています。コケ防止効果はいろいろな形でデータとしてお見せすることができます。

本サイトではなぜこけ楽が「安心、ラクラク、ずっとキレイ」を生み出すのか、可能な限りオープンにしていきたいと思います。

親水性による防汚

水をはじかない状態(親水状態)は汚れを寄せ付けません。水をはじいてしまう状態(撥水状態)は何もない状態よりも汚れを付着しやすくなります。 コケをはじめとする「汚れ」は親水状態の基材の上ではその間に張られた水により「浮かんだ状態」になります。

全国の空港の管制塔カメラの前面ガラスにはこの防汚剤シリーズの一つが特殊な工程でコーティングされています。メンテナンスが殆ど不可能なところにはうってつけの素材なんですね。

汚れは雨が降るたびにサッと流されます。

余談ですが

TBS「みのもんたの朝ズバッ(2012/3/28)」にも夢の素材として取り上げられ大反響でした。

#安心

最新情報をチェックしよう!
>お買い求めはこちらの各有名ECモールから

お買い求めはこちらの各有名ECモールから

製造販売元 合同会社マイカイ

 

https://maikai.m2a.jp